おかいつで「こども番組」の歴史を振り返る!特別番組2/11放送決定

音楽ニュース

2023.01.24

山口智充、はいだしょうこ、中川翔子

テレビの放送開始70年を記念した特別番組、【テレビ放送70年】「おかあさんといっしょ」から見るこども番組が2023年2月11日(土) にNHK Eテレで放送されます。

「こども番組」の歴史を振り返る

開始当初から大人気の人形劇「ブーフーウー」 

テレビの放送開始以来、一番のファンで、食い入るように見ていたのはこどもたちでした。そうしたこども番組の代表といえるのが放送開始から6年後の1959年10月に始まった「おかあさんといっしょ」。幼児と母親を対象にした初めてのテレビ番組であり、現在まで続いている長寿番組です。
最初から妥協を許さない本物志向で当時の一流のクリエイター達が関わったこの番組は、多くのこどもに支持され、民放の「ロンパールーム」や「ピンポンパン」などに影響を与えました。

しかし、70年代に入ると幼稚園・保育園の就園率の上昇、「鉄腕アトム」「ウルトラマン」などの民放のこども番組に押され、番組は低迷。その中でスタッフは研究者と共に2歳児に特化した番組作りを目指し、新たなコーナーを作ることで危機を脱します。その後「おかあさんといっしょ」を母体として、「英語であそぼう」「ピタゴラスイッチ」など様々な番組が開発されこども番組が発展してきました。「おかあさんといっしょ」を中心にこども番組の進化の歴史を振り返ります

現役のおかいつスタジオで収録

 今使っているおかあさんといっしょのスタジオで収録 出演者の左から山口智充、はいだしょうこ(第19代うたのお姉さん)、中川翔子、森花子アナウンサー。

豪華メンバーがVTR出演

おかあさんといっしょ同窓会。VTR出演の3人。左から初代歌のおねえさん・真理ヨシコ、ブーフーウーのウーの声を担当した黒柳徹子、おかあさんといっしょの放送開始当時のディレクター・小森美巳(ミミ)。

  • 【テレビ放送70年】「おかあさんといっしょ」から見るこども番組 
    NHK Eテレ 2023年2月11日(土) 20:00~20:59
タグ:

Page Top